俺、国語テクノロジーがないから読みやすいのしか読めないんです

身はリーディング家ではないです。読める、読みこなせる文献が乏しいんです。常連な村上春樹君の文献は難しすぎて読めないです。文字が読めないのでなく、流れがまったく理解できないというか、何言ってるんだか思い付かんですよね。迂闊と言うか、薄々言うか、はっきりしないというか。横文字もずいぶん使っていて、様子つけてると言うか。だいいち、カフカって何?とか、どうしてノルウェーなん?とかって見まがうんです。ファンの奴にはすいませんが、これ、週刊地位でたけし君もおんなじ事件言っていたから、なるほど、同じく思っているやついるんだのち穏やかしました。それも、あのたけし君が。身はとってもスラスラ読めるのでないと理解できないんですよね。江國香織君や、原田宗典君、吉田修一君など。この方陣の文献は、ほんとうに引き続きを書いていくから、途中でへんな例えなんか入れないでどっさり結び付くし、読みやすいんですよね。一方さっきの村上君など、私の読めない文献は枝分かれして例えなんかを含めるから、コメントを忘れて仕舞うし、むずかしいキーワードばかり扱うので理解できないんですよね。こんなふうに同じく思っているやついますよね。